焦らずじっくり探す40代の転職

おすすめ記事 40代は時間をかけてじっくり探そう

40代は時間をかけてじっくり探そう

Pocket

40代の転職に必要なこと

転職が難しいと言われている40代でも、転職を成功させる秘訣があります。まず、一番必要なことは「謙虚でいること」です。転職先には、必ずその会社で経験が長い年下の先輩がいます。たしかに、社会経験は自分の方が豊富でも、その会社について詳しいのは年下の先輩です。取引先のことから、社内のOA機器の使用方法まで全て年下の先輩に聞かなくてはいけません。よく、40代で転職した人が「年下に教えられて、こき使われるのに耐えられない」と言いすぐ退職する人がいます。このような人は、どんな会社に転職しても上手くいくはずがありません。年下の先輩に対し謙虚な気持ちで学ぶと、その会社でもうまく人間関係を作る事ができ、転職の成功に繋がります。

40代の転職に必要なこと

経験を活かせる職場を探す

社会経験も実績も充分にあり自分に自信を持ちはじめた人が、今の仕事に面白みを感じなくなり、新たな業種や職種にチャレンジする人がいますが、40代から他の仕事への転職はリスクが高いです。未経験の仕事に転職すると、新卒並みの給与になる場合もあるからです。独身で20代のようなフレッシュさでがむしゃらに頑張れる気持ちがあれば良いのですが、結婚して家族を養わなければいけない立場の人なら、ある程度の給料も必要になります。40代の転職は、今までの経験や知識を活かせる仕事を選びましょう。知識を活かせる職場への転職なら、年収や待遇をアップさせる事ができます。

経験を活かせる職場を探す

納得のいく職場を選ぶ

40代の転職で一番の敵は焦りです。仕事を辞めて転職活動をしても、なかなか転職先が決まらない人が多いです。休職期間が長くなると生活も苦しくなり、家庭がある人は家族から何か言われるかもしれません。しかし、焦りのため妥協した会社に勤めても、それは転職に成功したとは言いません。自分が何を求めて転職を決めたのかしっかりと考え、じっくり時間をかけて自分の希望に合った仕事内容の会社を見つけましょう。

納得のいく職場を選ぶ

履歴書と職務経歴書が決め手

履歴書や職務経歴書は転職を成功させるための大切なツールです。特に40代は、職務経歴書で今までの経歴やスキル、ノウハウを伝える事が大事です。これらの内容をしっかり盛り込む事で、面接官にアピールできます。書き方も、あまり長々とアピール文を書いても文章をまとめる力がないと思われてしまいます。簡潔にポイントを絞って書くと印象は良くなります。あとは、面接時には、人柄やコミュニケーション能力をしっかりと伝えましょう。

履歴書と職務経歴書が決め手

よく読まれている記事はこちら!

転職成功のために知っておくべき全てのこと ブラックとホワイトの見分け方ブラックとホワイトの見分け方

一部上場の大手はホワイト企業で中小企業にブラック企業が多いと思い込んでいませんか?大手の企業でもブラック企業は存在します。ブラック企業の特徴を知り、ブラック企業とホワイト企業を見極めて転職してください。