実績の他にもスキルが求められる30代の転職

おすすめ記事 ブラックとホワイトの見分け方

30代は今までの実績をアピールしよう

Pocket

30代の転職

30代の転職は20代と違いやる気や勢いだけでは難しい年代です。しかも、30代は年齢だけで不採用になる場合もあります。しかし、30代に求められている事を知っておくだけで転職に成功する確率が上がります。では、30代に求められているのはどのような事なのでしょうか。

30代の転職

柔軟な心と学習する習慣

30代になると、社会経験も10年以上になり、ある程度の実績と経験を積んでいます。そして、その経験のため自分の殻に閉じこもり、他の意見を聞かなくなる人もいます。特に転職先で「前の会社では」「今の会社では」と発言する人は転職先や取引先で嫌われやすく、所属する組織の価値観に染まりがちの人です。転職する人に大事なのは、常に今いる組織を客観視する事ができる人です。組織を客観視する事ができる人は、同僚や他社の人の意見を聞く事ができ、多角的な物の見方をする事ができます。そのためには、他社の人と会う機会やまったく違う業種や職種の人と交流を持つようにしましょう。
また、30代はまだまだ伸び盛りの年代です。読書やセミナーの参加、通信講座の受講など学習習慣を身につけるだけで向上心のある魅力的な人と思われます。しかし、学習習慣のアピールのためだけに、意味もない講座やセミナーを受けても意味がありません。将来を見据えた目的を持った学習が必要です。

柔軟な心と学習する習慣

30代に求められること

30代の転職時に一番求められる事は実績です。転職する時は今までの自分の実績を振り返りまとめておく事が必要です。そして、転職の面接では自分の実績を必ずアピールしましょう。残念ながら、今までの実績やポジションがない人は転職に苦戦する事になります。実績の他に、自分なりの仕事のやり方やこだわりを持つ事も必要です。自分なりの仕事の仕方を持っていないと、仕事にこだわりのない人と思われてしまいます。与えられた仕事をこなすだけでは、30代は必要ありません。もっと給料が安い20代を採用するでしょう。与えられた仕事にひと工夫できる人を会社は求めています。
さらに、専門的な知識やスキルも身につけておく事が必要です。それは、「いつでも取引相手の要望に答えられる」「的確なアドバイスができる」などの知識や「取引先と良好に保ち頼られる関係がつくれる」「社内でも社外でも頼られる」などのスキルなどです。これらは20代では早すぎ、40代では遅すぎるので、30代のうちに身につけておきたい知識とスキルなのです。

30代に求められること

よく読まれている記事はこちら!

転職成功のために知っておくべき全てのこと ブラックとホワイトの見分け方ブラックとホワイトの見分け方

一部上場の大手はホワイト企業で中小企業にブラック企業が多いと思い込んでいませんか?大手の企業でもブラック企業は存在します。ブラック企業の特徴を知り、ブラック企業とホワイト企業を見極めて転職してください。