将来を見据えた仕事を選ぶと20代の転職は成功する

おすすめ記事 よくある失敗例から学ぼう

20代は将来を見据えて転職先を決めよう

Pocket

20代の転職

転職する時は、なるべく休職期間を短くしたいと思いますが、20代の転職は今後の人生に関わるキャリア形成の大事な時期です。焦って仕事を決めて転職に失敗したと後悔しないように、転職を成功させるコツをご紹介します。

20代の転職

自分の未来を考える

まず20代の転職に一番大事なのは焦らない事です。転職活動が長引き休職期間が続くとだれもが「早く就職しなくちゃ」と思います。しかし、この焦りが20代の転職ではとても危険なのです。特にやりたい仕事が見つからないから「まぁいいか」で仕事を決めてしまっても、その先5年も10年も本当にその会社で働けるのでしょうか?たった一瞬のジャッジが、自分の今後の人生を左右します。20代は今後どのような仕事をするかを決める準備期間なので、職種に対してもまだやり直しや自由がきく年代です。20代で決めた職種は30代40代になっても続いていきます。どのような職種の仕事をしたいのか、将来後悔しないためにも妥協せずにじっくり考え転職先を決めましょう。就職活動の期間が例えのびても、今後のキャリア形成のためにも決して妥協してはいけません。

自分の未来を考える

どんな小さな事でも面接で質問する

20代はまだ仕事経験も少なく、面接などで自分の職歴をアピールしようとしてもこれといった内容がありません。とりあえず、自分のいままでしてきた仕事をきちんと話し、後は面接時に転職先の仕事内容など気になった事を聞きましょう。「これは聞いて良いのかな」や「緊張で質問が思い浮かばない」というのは最悪です。自分がどれだけ会社や仕事に興味を持っているかをアピールするためにも、どんな些細なことでも質問する事が大事です。後から質問すればよかったと後悔しないように、事前に質問事項をリスト化する事をおすすめします。そうすると、忘れずに質問する事ができます。面接官は会社や仕事に対して質問されると、熱意があると感じて印象が良くなります。

どんな小さな事でも面接で質問する

落ちても次のために割り切る

転職はそんなに簡単にはいきません。面接に何度も落ちてくるとモチベーションが下がり、ネガティブになってしまいます。ネガティブの思考のまま面接を受けても受かるはずがありません。面接に落ちても、「自分と縁がなかった」「他の企業が自分に合っている」と次を考えるようにしましょう。「次がある!」と声に出すのも効果的です。世の中には数えきれないほどの会社があり、求人もあるので割り切って次の面接に挑みましょう。

落ちても次のために割り切る

よく読まれている記事はこちら!

転職成功のために知っておくべき全てのこと ブラックとホワイトの見分け方ブラックとホワイトの見分け方

一部上場の大手はホワイト企業で中小企業にブラック企業が多いと思い込んでいませんか?大手の企業でもブラック企業は存在します。ブラック企業の特徴を知り、ブラック企業とホワイト企業を見極めて転職してください。