考え方の差で転職の成功と失敗が決まる

おすすめ記事 ブラックとホワイトの見分け方

転職に成功する人と失敗する人の差を知ろう!

転職に成功する人と失敗する人の差を知ろう!

昔は、定年まで同じ会社に勤める事が普通だったので、転職経験があるとマイナスイメージを持たれていました。しかし、今は複数の会社で働いた経験を持つ事が当たり前の時代になっています。むしろ、転職経験がある人の方が環境への適応力があるため、転職経験のない人より重要視されます。また、転職に成功する人と失敗する人には共通の特徴があります。自分や周りの人がその特徴に当てはまるかチェックしてみましょう。また、よくある転職の失敗例をご紹介しますので転職する時の参考にしてください。

転職経験が活きる時代に

つづきへ
転職経験が活きる時代に

昔は、一生涯一つの会社で勤め上げる終身雇用が普通でした。しかし今は、技術の進歩の速さとともに、会社が起業し倒産するサイクルが短くなっています。そのため人材の流動性が進み転職者が増え、特に若年層の転職が多くなっています。今後社会の新陳代謝がどんどん速くなっていくため、企業に必要な人材は新しい環境にすぐ適応し馴染む事ができる人です。そのため転職経験がある人が持つ適応力と経験は、転職経験がない人よりも大きなメリットになります。

転職に成功するのはこんな人

つづきへ
転職に成功するのはこんな人

転職が成功する人の特徴には、転職する目的が明確にある、自分のスキルをきちんと把握している、焦らずに就職活動ができているなどがあります。転職する目的や自分のスキルを把握している人は、転職先でどのような仕事をして貢献する事ができるかを積極的にアピールするので、面接官にも好印象を与え必要な人材として採用してもらえます。また、焦らずにじっくり情報収集をして転職活動をすると、企業をしっかり見極める事や思わぬところから転職情報が来る場合があります。

転職に失敗するのはこんな人

つづきへ
転職に失敗するのはこんな人

転職をするために何回も面接を受けたけど、いつまでも内定を貰う事ができない人や転職しても前と同じ仕事内容や待遇で転職した意味がなく、転職に失敗したなと思う人には共通の特徴があります。面接を何度受けても内定が貰えないのは、自分の実力が足りない場合があります。また、前の職場の不満が出てしまうと新しい職場でも仕事への熱意や積極性が足りないと思われます。企業が欲しいのは協調性がある即戦力の人なので、過去の栄光を過剰にアピールする人も協調性が足りないと敬遠される場合があります。

よくある失敗例から学ぼう

つづきへ
よくある失敗例から学ぼう

転職に成功する人もいますが、一定の割合の人が失敗したと後悔しています。特に仕事内容や人間関係が嫌になり何の準備もしないで退職しすぐに転職した人は、転職後も仕事内容の不一致や新しい人間関係の構築などでストレスがたまり転職に失敗したと後悔する場合が多いです。また、キャリアアップや自分の理想の仕事をするために転職した人も、実際働くと現実は違い後悔する場合があります。なぜ、転職に失敗したのか、失敗例をご紹介しますので転職を成功させる参考にしてください。

よく読まれている記事はこちら!

転職成功のために知っておくべき全てのこと ブラックとホワイトの見分け方ブラックとホワイトの見分け方

一部上場の大手はホワイト企業で中小企業にブラック企業が多いと思い込んでいませんか?大手の企業でもブラック企業は存在します。ブラック企業の特徴を知り、ブラック企業とホワイト企業を見極めて転職してください。