後悔した転職の失敗例

おすすめ記事 よくある失敗例から学ぼう

よくある失敗例から学ぼう

Pocket

転職に後悔した事ありませんか

転職をした人のなかでも、ある一定の人数は転職に失敗したと思っています。転職は環境が一気に変わるため、入念な準備と情報収集が必要になり、準備を怠った人のほとんどが転職に後悔しています。転職して失敗したと多くの人が思っている例をいくつかご紹介します。

転職に後悔した事ありませんか

勢いでの転職

転職に後悔している例で一番多いのが、事前になんの準備もしないで勢いだけで転職してしまうケースです。前の仕事が嫌になった、職場の人間環境が悪く会社に行きたくないなどの理由で退職し転職を考える人が多くいると思います。転職はある意味ギャンブルのようなもので、たまたま転職した企業が自分に合っていれば良いのですが、入社した後にミスマッチが起きる可能性は高いです。勢いだけで転職した人は焦って転職する事が多いので、特に要注意が必要です。その他にも、転職先についてのビジョンがないままなんとなく転職先を決めた人も、やはり仕事が自分に向いていなかったと後悔してしまいます。
また、人間関係が上手くいかなくて転職した人も後悔する場合が多いです。転職すると環境が変わりストレスがたまるのに、さらに上司や同僚との人間関係を作らなければなりません。人間関係は最初が肝心ですから、常に気を使わなければいけないため、人付き合いが苦手な人は特に転職を後悔している場合が多いです。

勢いでの転職

仕事や会社への不満

転職したけれども、仕事内容や環境が馴染めず後悔するケースもあります。自分がやりたい仕事をしている会社に転職したはずなのに、いざ入社してみると自分の希望の仕事ではない業務を任される場合があります。特に将来的にやりたい仕事や携わりたい仕事を目標に転職した人にとっては後悔しかありません。また、転職先でいままでのキャリアが活かしきれない業務に就いた人も後悔します。これは雇用のミスマッチとして良く問題になる例の一つです。自分ができる事と転職先の求める人材が一致するのが一番良いのですが、思っていた仕事と違うというケースは良く聞かれます。
その他にも、現在の待遇に満足できなく給料アップを目指して転職したのに、実際は給料アップどころか、下がってしまい後悔する人もいます。転職した会社でも仕事を続け頑張れば給料アップも目指せますが、前の給料と同じになるまで数年かかってしまっては意味がありません。また、会社の社風が合わなくて後悔するケースもあります。いままでの会社は割と自由な会社だったのに、転職先の社風は徹底的に管理される社風の場合はギャップが大きく働きづらいと感じ転職を後悔します。転職先を探す時には、仕事内容や待遇面の情報は調べますが、社風や人間関係の情報が不足するために起きるよくある失敗例です。

仕事や会社への不満

よく読まれている記事はこちら!

転職成功のために知っておくべき全てのこと ブラックとホワイトの見分け方ブラックとホワイトの見分け方

一部上場の大手はホワイト企業で中小企業にブラック企業が多いと思い込んでいませんか?大手の企業でもブラック企業は存在します。ブラック企業の特徴を知り、ブラック企業とホワイト企業を見極めて転職してください。