こんな特徴の人は転職に失敗する

おすすめ記事 異業種への転職のコツ

転職に失敗するのはこんな人

Pocket

転職に失敗する人

転職に成功する人がいれば、面接を何回受けてもまったく内定をもらう事ができない、転職しても前の職場と同じ待遇や環境で転職した意味がないなど、転職に失敗する人もいます。転職に失敗する人にはある共通の特徴があります。

転職に失敗する人

実力が足りない

転職がうまくいかない理由の一つに、新しく勤めようと思った業界や会社で通用する経験や技術が足りていないというのがあります。一つの企業でしか働いていないと、外部の人間と比べられる事がありませんし、その企業での評価でしか自分を判断できないので、他の企業で通用するレベルかどうかがわからない場合があります。採用する側も、様々なキャリアを持った転職希望者から選ぶので、即戦力になる人の経験や技術を判断します。転職に失敗する人は自分の能力を客観的に把握することができていない人が多いので、どのような部分が足りないのかを理解する事が必要です。
また、今まで働いていたキャリアとまったく違う業界に転職を考えている人は転職に失敗する事が多いです。転職は、今までの仕事内容が活かせて新しい会社で即戦力になるという事が大事です。もし今までと違う分野への転職を考えているのなら、ある程度の人脈や業界に通用する資格が必要です。

実力が足りない

前向きな気持ちがアピールできない

転職とは、新しい事にチャレンジする気持ちが大事です。そのチャレンジする前向きな気持ちをアピールしなければ採用されません。転職するという事は前の会社に何らかの不満を持っていた場合が多いのですが、その不満の気持ちを面接官に見せていては採用される事はありません。給料や待遇面ならまだしも、人間関係や人事で問題があった場合は、自分の人間性を相手に想像させる要因にもなり、仕事に対してのアピールが足りなくなってしまいます。転職に必要なのは、あくまでもどれだけ自分が仕事に対して前向きに取り組んでいけるかなのです。

前向きな気持ちがアピールできない

過剰な実力アピール

前の会社である程度の役職がつき実績を上げてきた人は、自分の有能さをアピールし過ぎる傾向があります。面接時に前の会社でこれだけ成果を上げ、役職がつき、部下も育ててきたという話をしても、面接官が求めているのは、過去の栄光よりもどれだけ新しい職場になじみ即戦力になる人かという事です。転職を成功させるためには、過去の実績だけをアピールするのではなく、新しい職場で自分の経験を活かしつつ同僚とより良いチームを組めるかという事をアピールする方が大事です。

過剰な実力アピール

よく読まれている記事はこちら!

転職成功のために知っておくべき全てのこと ブラックとホワイトの見分け方ブラックとホワイトの見分け方

一部上場の大手はホワイト企業で中小企業にブラック企業が多いと思い込んでいませんか?大手の企業でもブラック企業は存在します。ブラック企業の特徴を知り、ブラック企業とホワイト企業を見極めて転職してください。