知っておくだけで成功するキャリアアップ転職のコツ

おすすめ記事 20代は将来を見据えて転職先を決めよう

キャリアアップ転職の心構え

Pocket

キャリアアップ転職とは

長く会社で働いていると「キャリアアップ」という言葉を良く聞きます。キャリアアップとは、より高い専門性のある知識や技術を身につけ、より高い経歴、地位、給与を確立する事を言います。最近では、深く広いスキルを求められるようになっています。このようにより高い経歴、地位、給与を求めて転職することをキャリアアップ転職と言います。キャリアアップ転職を求める場合は、通常の転職とは違い求められるものも高くなります。

キャリアアップ転職とは

キャリアアップ転職のコツ

キャリアアップ転職を希望する場合、20代と30代でアピールポイントが違います。20代の場合は、今まで培った技術や知識、公的機関の一般的な資格やスキルはアピールポイントの対象になります。そして、自分の持っている技術、資格、スキルをこれからどのように応用する事ができるかを説明しましょう。30代の場合は、残念ながら公的機関の一般的な資格はあまりアピールポイントにはなりません。確かに資格がないよりは持っていた方が良いのですが、それよりも30代で一番評価されるのは実績です。技術や知識はもちろんですが、マネジメント能力が一番のアピールポイントになります。どのような仕事をどのような立場で携わったのか、プロジェクトの工数管理に貢献してたか、収入面でどの程度寄与していたかを具体的な数値や裏付けとなるデータで提示するとより好印象を与えます。また、部下の実績なども紹介すると指導力をアピールする事ができます。20代、30代に共通して言える事は、アピール内容の具体性です。実績、数値、データなどをきちんと用意しておく事で転職を成功に導けます。
また、面接時に自分のわからない質問をされる事があります。よくあるのは、他業種で今まで関わりのなかった質問などです。これは、質問者が相手の実力を試すためにわざと質問しているのです。このような時は、20代はわかったフリをして適当に答えるよりは「わかりません」と素直に答える方が良いでしょう。しかし、30代は「わかりません」と回答する事はできません。今までの知識や経験をもとに質問を分析し回答しなければいけません。キャリアアップ転職を目指すなら、今持っている情報や経験から質問の内容をできるだけ的確に捉え、分析し回答する能力が求められます。

キャリアアップ転職のコツ

目的をきちんと持つ

キャリアアップ転職で一番重要なのは、成長欲求ややる気を起こさせるための内的動機です。なんのためにキャリアアップしたいのか、キャリアアップで何を形成したいのかきちんと考え、明確な目的を持ちましょう。収入や肩書きだけを求めてキャリアアップ転職をしていると、面接でも見抜かれ転職がうまくいかない場合があります。

目的をきちんと持つ

よく読まれている記事はこちら!

転職成功のために知っておくべき全てのこと ブラックとホワイトの見分け方ブラックとホワイトの見分け方

一部上場の大手はホワイト企業で中小企業にブラック企業が多いと思い込んでいませんか?大手の企業でもブラック企業は存在します。ブラック企業の特徴を知り、ブラック企業とホワイト企業を見極めて転職してください。