転職しやすい異業種の会社や業界を知っておく

おすすめ記事 30代は今までの実績をアピールしよう

異業種への転職のコツ

Pocket

異業種への転職とは

今までとは違う異業種への転職は、同業種へ転職するのに比べて難しいと言われています。なぜなら中途採用で入社しても知識や経験は新規採用者と同じになるからです。社会経験のない新入社員なら、未経験でも入社後の研修やOJTで固定概念を持たずに新しい事を吸収できますが、社会経験があると今までの経験で培った固定概念が邪魔をして自分なりの解釈をしてしまいます。そのため年齢が高くなってからの異業種への転職は不利になるのです。第二新卒と呼ばれる、新卒とあまり年齢が変わらない世代なら異業種への転職はあまり問題にならず歓迎される傾向にあります。

異業種への転職とは

異業種へ転職しやすい業界

今までの仕事とは全く違う異業種への転職をする時には、どのような企業や業界が未経験者の歓迎が多い傾向にあるか知っておくと良いでしょう。特に急成長している企業では、人材不足のため経験者採用だけではなく未経験者の採用も行う事があります。特に営業職や販売職は未経験でも積極的に採用されやすいです。営業職や販売職は「元気がある」「コミュニケーション能力が高い」人材を求めています。このように今後の伸びしろを期待する採用をポテンシャル採用とも読んでいます。他にも、異業種であっても、営業や販売経験は共通する事があるので、優遇されやすいです。他にも、離職率の高い企業や業界も人材不足を補うために未経験者を積極的に採用しています。また、新規事業を行う会社は、もともとの経験者が少ないため、新規事業の計画に合わせて未経験者を採用し育て上げる場合があります。SEやプログラマー、Webデザイナーなどは、最初はアシスタントのような仕事から始める事も多いので、第二新卒など若手の方が採用されやすく歓迎されます。
医療・福祉、宿泊・飲食サービス業、建設(土木)業、不動産業も、積極的に採用されやすい業界です。不規則な勤務形態や長時間労働、給与や待遇面を理由に辞める人が多く、このイメージが定着しているためにこれらの業界に進む人も少なく慢性的な人材不足になっています。そのため、未経験者の人でも採用されるチャンスがあるのです。特に医療・福祉はこれからの高齢化社会を考えると、さらに需要が拡大される業界でもあり、医療事務や介護士などは資格等を取れば未経験でも積極的に採用してくれます。また、入社後でも資格取得するために支援してくれる企業もあるので、仕事の面で捉えるならば限りなくチャンスが広がっていきます。

異業種へ転職しやすい業界

よく読まれている記事はこちら!

転職成功のために知っておくべき全てのこと ブラックとホワイトの見分け方ブラックとホワイトの見分け方

一部上場の大手はホワイト企業で中小企業にブラック企業が多いと思い込んでいませんか?大手の企業でもブラック企業は存在します。ブラック企業の特徴を知り、ブラック企業とホワイト企業を見極めて転職してください。